コムソモレツ 潜水艦。 705型潜水艦とは

コムソモレツ_(原子力潜水艦) : definition of コムソモレツ_(原子力潜水艦) and synonyms of コムソモレツ_(原子力潜水艦) (Japanese)

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• 原子力魚雷を積載 ノルウェー海では1989年、旧ソビエト連邦海軍の原子力潜水艦「コムソモレツ」で火災が発生し、乗組員42人が死亡する事故が起きた。

20

コムソモレツ_(原子力潜水艦) : definition of コムソモレツ_(原子力潜水艦) and synonyms of コムソモレツ_(原子力潜水艦) (Japanese)

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

そのため、アルファ級には可能な限りの高速性と運動性能が要求され、数々の新機軸が織り込まれることとなった。

10

ノルウェー 10万倍の過剰な放射能レベルを記録 沈没した旧ソ連潜水艦で【写真・動画】

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

艦が沈没する際、乗員の多くは凍りそうな海面に飛び込み、ほとんどが凍死した。 なお海上にとどまっていたが、海水が主要バラストタンクに流れ込むと潜水艦の浮力はしだいに失われていった。 破損した原子炉の燃料部品は、通常のやり方では取り出すことはできない。

7

コムソモレツ_(原子力潜水艦) : definition of コムソモレツ_(原子力潜水艦) and synonyms of コムソモレツ_(原子力潜水艦) (Japanese)

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

事故 、ノルウェイ海沖で演習中のコムソモレツの第7区画で火災が発生、艦は急浮上した。 当時のソビエト海軍は、「より大型で威力のある兵器」を「より多く積める」潜水艦を模索しており、艦型は大型化の一途をたどっていた。

1

705型潜水艦とは

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

就役後K-278は、大深度潜航の実験に積極的に用いられた。

8

最大・最深・最速:ソビエト潜水艦の記録破りの世界

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

浮上したときはすでに、船は動力および外部との接触能力を失っていた。

8

GENSUIKYO

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

コムソモレツの監視は今後も続ける予定だが、放射線の値が危険な水準には達していないこと、汚染物質は海水に溶け込んですぐに希釈されること、これほどの深海に生息する魚はあまり水揚げされないことなどから、現時点で危険性はなさそうだと専門家は判断している。 関連項目• GENSUIKYO WWW search Gensuikyo search• 圧搾空気システムから漏れが生じ、その結果、火災は拡大していった。 この高度に汚染された水がアムール号へポンプで送られたことで、アムール号の処理装置に破損が生じた。

コムソモレツ (原子力潜水艦)

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

船体構造:チタン製複殻式、9区画• 同型艦はない。 K-314 1985年8月10日、潜水艦K-314(プロジェクト671-ビクター級)は、ウラジオストク外側のチャズマ湾の海軍造船所内にいた。 最速 テスト中のK-162 661号計画「アンチャール」で生まれた史上最速の潜水艦K-162(後にK-222と改名)は、1969年に運用が始まった。

アルファ級原子力潜水艦とは

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

一方、船型については、同時期の他のSSNが涙滴型を採用していたのに対し、本艦では葉巻型に近くなっており、船体中央部は直径8メートルの円筒形、前部と後部は円錐形とされた。 2月6日、原子炉の蓋が開けられ、翌日、さきに制御棒を固定しないまま蓋が持ち上げられた。 K-162は10年がかりで設計・製造された。

17