余震 情報。 週刊地震情報 2021.2.21 15日(月)に和歌山で最大震度4 福島県沖地震の余震は落ち着く(2021年2月21日)|BIGLOBEニュース

東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震 (2021年2月26日)

情報 余震 情報 余震

東日本大震災の巨大「余震」なお続く 震源の場所と押し引きの力学メカニズムからみて、政府の地震調査委員会は2月13日の福島県沖の地震を東日本大震災の「余震」であるとの見解を示した。 14日 日 10時時点で余震活動はそれほど活発ではなく、震度3の観測はマグニチュード7. また、余震は、本震の震源が浅いほど多く発生する傾向にある。 余震域は概ね本震の断層面付近にあり、本震のマグニチュードが大きいほど余震域は広くなる傾向があり、その面積について次式が成り立つとされる。

【震度6強】東日本大震災の余震とみられる(日本テレビ系(NNN))

情報 余震 情報 余震

統計的に見ると、大きな地震はめったに起こらず、小さな地震は頻繁に起きる。

9

「東日本大震災の余震とみられる」専門家が注意呼びかけ [福島・宮城で震度6強]:朝日新聞デジタル

情報 余震 情報 余震

どう発表するか検討している」と話している。

16

東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震 (2021年2月26日)

情報 余震 情報 余震

1)は約10年後に大きな余震があったとし、「M9レベルの地震は10年以上余震が続く」としたうえで、「今回のような余震は、少なくともあと10年は続くだろう」と予想する。 福島県相馬市の常磐自動車道では土砂崩れが発生し、70mにわたり道路が埋まった。

18

週刊地震情報 2021.2.21 15日(月)に和歌山で最大震度4 福島県沖地震の余震は落ち着く

情報 余震 情報 余震

日本列島は4枚のプレートと呼ばれる厚い岩板がせめぎあう、世界でも特異な「変動帯」にある(図1)。 」状況が想定されています。 地震の規模がマグニチュード(M)7・1(速報値)、最大震度は6強なので、被害が出ている可能性もある。

18

東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震 (2021年2月26日)

情報 余震 情報 余震

M9・0の東日本大震災から10年たってもまだ余震は起きていて、影響は続いている。

4

東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震 (2021年2月26日)

情報 余震 情報 余震

その上で、今後1週間程度は最大震度6強程度の地震に注意するよう呼びかけています。

8