マクラーレン 765lt。 【価格/スペック/内装は?】マクラーレン新型車、765LT 最高速度330km/h ローングテールを名乗る限定モデル(AUTOCAR JAPAN)

最新ロングテール「マクラーレン 765LT」、2020年9月末からデリバリーをスタート

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

0リッターV8ツインターボ(M840T)の改良型で、最高出力はプラス45psの765ps、最大トルクがプラス30Nmの800Nmを発揮。

1

マクラーレン、新型ハイパフォーマンスハイブリッド「アルトゥーラ」

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

超軽量レーシングシート パワートレーンに関しては、ターボにかけるブースト圧を上げたことで、シリンダー内の圧力が高まるので、新成型の鍛造ピストンやヘッドガスケットに変更することで対応。 765LTのほかにも、さまざまなモデルの動画が多数アップされており、マクラーレンの世界を味わうには、素晴らしいコンテンツとなっている。 サーキットでのスピードを追求するため、LTモデルは伝統的に軽量化が図られてきたが、この765LTも例外ではない。

13

最高時速330kmの究極マシン! マクラーレン 765LTが受注を開始|価格は4450万円~

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

オプションでカーボンファイバーを選択することも可能だ。 最軽量仕様の乾燥重量1229kgは、720Sクーペ比で80kgも軽い。 挙動は完全に自然、という印象はない。

13

マクラーレン 765LTに見る最新軽量化技術。「軽さ」で一頭地を抜く英国製スーパーカー戦略とは

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

ウインドウの厚みやバッテリーも「減量対象」 さらに、サイドウインドウ及びフロントウインドウの厚みも削減。

18

【喜びを追求したスーパー・シリーズ】マクラーレン765LTへ試乗 セナに迫る765ps 後編

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

10本スポークのウルトラライトウェイト鍛造アルミホイールは765LTのために新設計されたもの。 生産台数はわずか765台。 。

9

マクラーレン 765LTに見る最新軽量化技術。「軽さ」で一頭地を抜く英国製スーパーカー戦略とは

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

数十年にわたる先駆的な超軽量のレーシングカーやロードカーのエンジニアリング技術を生かし、電動化に関するあらゆる専門性を注ぎ込んでいます」と述べている。

1

【4つの証言】マクラーレン765LT 動画で迫る、“もっとも刺激的なロングテール”と呼ばれるワケ

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

エクステリアにはルーバー付きのカーボン製フロントフェンダーや4本パイプのオールチタン製スポーツエキゾーストシステムを採用。

14

【4つの証言】マクラーレン765LT 動画で迫る、“もっとも刺激的なロングテール”と呼ばれるワケ

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

(webCG) 関連キーワード: , ,. タイヤはピレリとの共同開発で、限界域のハンドリングに加えて、限界以下の特性にも力を注いだことで、抜群の安定性とコントロール性を両立できたという。 マクラーレンのロードカーとしては初めてMCTC製のカーボンファイバー製ボディコンポーネントを採用することになる。 ホイールベースは2670mm。

19

マクラーレン765LT 内装・外装など51枚 【画像・写真】

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

軽量化施策の一環としてエアコンとオーディオシステムも標準では搭載していないが、追加コスト無しでオプション装着することもできる。 マクラーレンの「ロングテール(LT)」モデルの文法にのっとり、パワートレインやエアロダイナミクス性能の強化に加えて、徹底した軽量化を実施。

8